左下の親知らずが虫歯に?突然痛い!抜歯の覚悟をするしかないのか、、

スポンサーリンク

2年ほどまえからずっと気にはなっていた親知らず、そして親知らずの抜歯、そしてなによりも抜歯をしている最中の痛みに、抜歯後の痛み。。。

 

痛いのやだよー。

痛いのやだよー。

ただでさえ歯医者なんて嫌いなのにさー

(;´Д`)

 

頭の片隅には親知らずのことがどこかにあるものの、やっぱり歯を抜く、ということが怖くてどうしてももう一歩踏み出せず。

 

なにせ、怖いもんは怖い。

完全にビビりなんだ!自分は!!

死ぬまでに平穏無事に過ごせればいいんだろ!!

と開きなおってたのもあったw

 

それが先々週。

突然火を噴き始めた。

スポンサーリンク

~ikuji man~

『あれ?なんか奥歯が痛いかも??』

そう思ったのが最初。

 

と言っても、自分はたまにこんな感じで知覚過敏のようになることがあって、同じような痛みだったから今回も多分そうだろうと思っていた。

 

、、、でも、1日たっても収まらない違和感。この時にはほんの少し『あれ?もしかして?』と頭を嫌な予感がかすめるけれど、意図的に無視をする。

 

大丈夫

大丈夫

だいじょうぶ

だいじょうぶ、、、

きっとだいじょうぶ、、

 

そう祈るものの2日だっても、3日たっても収まらない痛み。それどころか痛みが強くなってきた。

 

この段階になって、イヤイヤながらもようやく嫌な予感を受け入れる。。。

 

『こりゃ、、たぶん親知らずだな。。』

 

こう思い立った時点でもう結構痛みもあったので歯医者に行く決意を固める。仕方ない、仕方ない。。。。その上で、診察してもらう歯医者を考え始めた。

 

というのも、歯のメンテナンスだったり虫歯になった時に行く歯医者はいわゆる普通の『町の歯医者さん』。普通の虫歯とかで普通に通うならば不便ではないけれど、もし親知らずの抜歯となればもう少し専門性の高いところとか、設備がある医者の方が良いと思われた。

 

そうとなれば早速ネットで調べ始め、少し遠いけれど医者の先生と、ホームページから受ける印象と、そして抜歯用の設備も整っていてかなり良さそうな歯医者を発見。さっそく予約。数日後に診察してもらうことになった。

 

あー、多分。

今回、、、親知らず抜くな。。。

 

もう親知らず抜歯用の医者を探して、『親知らずが痛いんです』と予約をしてしまったからには、さすがに2年前にいきなり『抜いた方が良いぞ!』と言われた時よりは少し覚悟が定まってきていた。

◆関連カテゴリ

 ⇒ 親知らず抜歯への道

コメント